大津川に花と緑の会”の基本理念

1.大津川の土手を、花と緑で心の安らぐ場所にする。

2.市民カンパ並びに市民参加を得て、自助努力で、この会並びに活動を維持する。

3.植栽には、農薬,除草剤,化学肥料等の環境汚染物質を使用しない。

4.土手の雑草,開花後の花類を含め植物は、 この土手で堆肥化し自然循環させる。

5.栽培用の水には水道水を使用しない。   代わりに大津川の自然水を利用する。

6.水揚げの為にガソリンエンジンを使用するのは避けられないが、
水遣りは大津川市民発電所(太陽光発電)で得た電気を活用して環境への影響を抑制する。

 7.活動を通じ、市民,子供達に環境の大切さ,自然の素晴らしさを
  知って貰い、環境保全にたくさん人が行動して貰える機会を提供する。


       

上記の基本理念は、発足後、継承されております。



                               トップ アイコン トップページへもどる

直線上に配置