大阪アドプト・リバー・大津川


 2012年の活動紹介ページです。

  いよいよ足掛け11年目になりました。皆様のご支援を宜しくお願い申し上げま〜す。


大津川通信1月号

大津川通信4月号

大津川通信7月号

大津川通信10月号

トップページに戻る

12月16日(日)
戎公園の彫刻展示(12/112/15)用の花壇にしてパンジー苗を四つの団体で分け合って来たので、今日植えました。また少しづつ生えてきている雑草の草抜きを8(土)ワーク同様に行って今年の定例ワーク納めとしました。マリーゴールドの花が残っているものはこのまま年越しをさせる事にしました。ノースポールは、大半が二個目の花を咲かすほどに順調に育っています。また、鳳土木さんが花壇にしていない堤防部分の雑草を先日、全て刈り取って貰えとても綺麗になりました。(感謝致します)(10名参加)

11月25日(日)
先週にも雨が降っていたので地面は適度に湿っていてパンジー苗
植えに最適な状態での作業でした。今回はマリーゴールドがまばらな箇所4面余りの植え替えが完了しました。旭町花いっぱい運動の会の会長さんも手伝って貰えたので大いに捗りました。10月26日に植えたノースポールは一輪の花をつけて順調に育っています。毎度の事ですがメンバーのAさんが手作り野菜の差し入れをして呉れましたので人参、ネギ、うまい菜等を土産に持ち帰って貰えました。年内に残りの5面も植え替えを行う予定にしていま〜す。(10名参加)


なお、苗植え完了後、水遣りをしておこうという時になって、水タンクの水を山水する水中ポンプにつなぐホースが無くなっている事に気づきました。やむえずジョロやバケツでの水遣りで対処しました。10年間盗まれなかったものが今になって無くなるなんて、全く情けない思いをしました。(喝)

11月10日
今日は、次のパンジー苗植えに備えてマリーゴールドのまばらな箇所のみ撤去作業を行いました。(9名参加)

10月26日(金)
秋晴れの好天気の中で、ノースポール苗474ポットを植えました。花が咲くのはもう少し後になる苗でした。
また、市内の方から貰った水仙の球根50個、並びにメン
バーさんが持参されたアヤメ20本も植えました。
残していたコスモスは、種を自然
にまき散らして呉れたので全て撤去処分しました。(9名参加)

10月13日(土)
爽やかな秋空の中での定例ワークでした。
先日の風台風によりなぎ倒されたひわまりとコスモス(約2/3)の撤去作業でした。
作業中にいつも花を眺めて貰っているらしい人から”コスモスも全部取るの?未だ花が一杯咲いていて勿体ない!”と要望されました。確かに未だ種が出来ていない現時点で撤去すると来年は自生の苗が出来ない事に気付き、二区画のコスモスは種を落とすまでこのまま残す事に変更しました。(9名参加)

なお、市役所1階ロビーにてNPO緑化でまちづくりの会主催の活動写真展が12日から開催となりました。大津川からもこの1年間の活動状況を写真と大津川通信(4回発行)を模造紙に貼って展示しました。市民の皆さんに関心、興味が湧き上がる事を念じています。




9月23日(日)朝になっても雨が降っていましたが、雨雲レーダー情報から午前9時には降り止むと予測し、メンバーさんには電話でワーク実施の電話連絡をいれました。98日の予定も雨で中止していましたので一ヶ月ぶりのワークでした。コスモスは先週末の雨で一気に満開状態、マリーゴールドは枯れたものが出ていましたので、雑草と共に枯れたものは間引きを行いました。今後、コスモスとひまわりが寿命となるまで、暫くまだらな花壇のままにします。1020日の泉北笑働ネットには3名が参加して貰えますので、宜しく。(8名参加
 左はワーク風景                    右は9/30の台風でなぎ倒されたコスモスとヒマワリ
  

8月26日(日)今日も相変わらず水遣りと草抜きです。昨日の東雲公園での定例ワークに参加して居た人達には、二日続きの炎天下での作業となりました。草はまばらながら大きくなっているものがり、尊おようなものを重点的に抜きました。1日間隔で水遣りに通っていますが、今年はとても雨が少なく感じさせられます。(8名参加)
   

8月11日(土)朝方には、久々の雨が少しだけながら降ってくれたので水遣り抜きとしました。お盆前で今日は4名だけでの参加となりました。暑さを耐え抜い雑草は大きくなっており今日のターゲットにしました。また堤防の上面には、宿根系の雑草が上に伸びてきたので今シーズ初めての草刈りを行いました。エンジンオイルも交換し秋場に備える事にしました。今年はマツバギクが余り枯れずに残っているのが珍しく感じられます。(4名参加)

7月29日(日)炎天下、草抜きを行いました。今回のワークで一通り草抜きが一巡しました。今年は夏入りして以降、全く雨が降らないので、水遣り作業が大変です。1日間隔に交代で水遣り、水揚げをしています。(都度2時間余り掛けています)サルビアは、赤かった花びらが今は枯れて薄茶色に変わってしまっています。ヒマワリは元気に花は咲かせています。(12名参加)

7月14日(土)前日の雨に続き、曇り空の天気でしたが、草も伸びているので雨が降るまでは頑張ろうと草抜き作業に専念しました。これまでの梅雨空続きで花の周囲は雑草だらけですが幸い地面が湿って草が抜けやすい状態なので大いに捗りました。1時間半ほどで作業終了としましたが全員汗だく状態の過酷な作業でした。梅雨明けすると今度は水遣りが必要になるし、どちらにしても厳しい季節です。(8名参加)

6月24日(日)一昨日の大雨は、途中で小雨に変わったので河川敷への浸水は無かった筈と思ってました。現地に来てみると河川敷のベンチには流されてきたゴミの塊がだらけで楽観的な予測は見事に外れていました。河川敷には、市役所手配の後片付け要員が20名ほど出動しゴミ回収作業の準備中でした。懸念していたエンジンポンプのクランクケースの中は水だらけになっており燃料タンクのガソリンの抜き換え、エンジンオイルは3回交換を行ってからエンジンを始動させました。でも二週間前までに植えた花類は完全に定着しており大変景観が良い状態に仕上がっています。今日は、その花の間の雑草取りに専念して貰いました。市役所から貰ったゴミ袋の山の間には、使い古した座椅子等がこっそり居捨てられているのが見つかったのは全く残念な事でした。(12名参加)


6月9日(土)本日の定例ワークも前回と同じ種類の花をマリーゴールド280本、サルビアを200本植えました。前日の雨の影響もあって曇天の天気だったのは、苗植えにとても幸いでした。しかしこれまでよりも50〜75%花の値段が高かったのは想定外でした。いずこも苗植えの季節に突入した影響なんでしょうか。
花卉市場からの仕入れされたD植物園さんは価格の高さにとても恐縮しておられました。その代わりにと植え付けを手伝って頂き参加者の少なさをカバーして貰えたのでとても助かりでした。ひまわりとコスモスの自生したものが育ってきたので植え替えをして間隔のバランスをとりました。今シーズンの植え替えはこれで完了しました。これからの梅雨〜夏にかけては、いよいよ雑草との闘いが待っています。(11名参加)


5月27日(日)本日の定例ワークでは、マリーゴールド240本並びにサルビア240本を植えました。先週の22日には、毎年恒例ですが旭小学校3年生の課外授業が現地で開催されました。その際、少し大変さを体験して貰おうという事で花が終了したノースポール株を撤去する作業に挑戦して貰いました。130名の生徒が作業してくれたのであっという間に片付き抜かれた株をゴミ袋に入れるスタッフの方が追い込まれてしまいました。さて、今日のワークで全体の60%程度の植え替えが完了しました。これからはいよいよ水遣りを怠れない季節となって来ました。早い梅雨入りを内心願っています。(12名参加)

  

5月27日(日)本日の定例ワークでは、マリーゴールド240本並びにサルビア240本を植えました。先週の22日には、毎年恒例ですが旭小学校3年生の課外授業が現地で開催されました。その際、少し大変さを体験して貰おうという事で花が終了したノースポール株を撤去する作業に挑戦して貰いました。130名の生徒が作業してくれたのであっという間に片付き抜かれた株をゴミ袋に入れるスタッフの方が追い込まれてしまいました。さて、今日のワークで全体の60%程度の植え替えが完了しました。これからはいよいよ水遣りを怠れない季節となって来ました。早い梅雨入りを内心願っています。(12名参加)
  

5月12日(土)今月の定例ワークでは、マリーゴールド400本を植えました。冬知らずやパンジーの一部は撤去して植え付けスペースを確保しました。ノースポールは盛りを過ぎて来たので次回ワークには撤去する事にしました。今年は市内の植物園さんから現場まで苗を配達して貰うように調達方法を変更しました。(貝塚まで買いに行くのは負担が大きすぎます。)次回27日のワーク用にマリゴールドとサルビア各240本を注文しました。また、来週22日の課外授業には数名応援をして頂けるのでとても助かります。(11名参加)

4月29日(日)
定例ワークで草抜きと草刈りを行いました。ノースポールは隙間無く満開状態なので雑草抜きはしなくて済み助かります。水仙の茎が枯れてきたのではさみで切り取りしました。今日は、いつも散歩に来ている人がワークに参加して呉れました。隣町の人なので今後も手伝って貰える事を期待したいものです。恒例となった旭小学校3年生の大津川での授業が5月22日に決まりました。環境・美化活動の大切さを理解して貰える良い機会で〜す。(14名参加)

4月14日(土)

定例ワークを予定していましたが、予報通り夜半から生憎の雨で9時前になっても降ったり止んだりと不安定な天気でした。結局、来て貰った3名でスギナを抜く作業を行いました。10年前に植えた芝桜の生き残り(半ブロックほど)は、早くもピンクの花全開となっていました。今年はノースポールの株間に肥料を追加した効果が出ているようで、全く地面が見えない程に花が咲き誇っています。数ヶ月の間植え続けてきたパンジーもきれに咲いています。散歩されている人からもきれいやねぇ・・と褒めて貰えました。(3名参加)

3月25日(日)
昨日からの春一番で厳しいワークでした。最近の暖かさに慣れて来ていた体は吹きさらしの風により一層寒さが体感され、鼻水を流しながらスギナ類を根こそぎ取り出す作業となりました。
完全な形の土筆は、ちらほらと見つけられる程で、スギナも数センチのもので春の訪れが遅れている事を感じさせられました。未だ花が出てこないパンジー苗の残り20本もしびれを切らして全部花壇に移植しました。ノースポールは苗と苗の間の隙間が無くなるほどに成長して咲き誇っています。市役所(NPO経由)の23年度助成金対象最後のワークは早めの切り上げとしました。水仙類は花も終わりとなりました。この段階で施肥をしておくと球根が大きくなると言うベテランのアドバイスに従って茎の根本に配合肥料を播きました。道具箱の中には、一昨年に貰ったヒマワリの種が残っているので5月に入ってから種まきをすることになりました(8名参加)


3月10日(土)
今日は相変わらず寒い天気の中、草抜きを行いました。
今年は、寒さが厳しくその分雑草の成長が遅いのが慰めです。(8名参加)

2月26日(日)
定例ワークは、曇天の寒さの中での草抜き作業でした。今年は寒波続きで雑草の成長が遅いのは助かります。
でもこれまでに植えたパンジーも枯れてしまっているものが点在しており早く春になるのが待ち遠しい気持ちでの作業でした。(11名参加)



2月11日(土)
無風で太陽の日差しがいっぱいあってとても暖かい天気の中での雑草抜きでした。
花芽が出たパンジー70本程を追加で植えました。未だ花が出て来ない苗が200本程残っています。
寒波が緩み早く成長する事を願っています。(11名参加)

1月14日(土)

寒さもほどほどで無風状態の天気の中、パンジーを40鉢程植えました。
鳳土木さんから花プロ用のプラグ苗を250程頂戴しているのですが、花が付いたのは約20%だけです。
(今後も大きくなったものから順次植える予定です。)
ひと月以上雨が降っていないので水遣りも実施しました。
初ワークなので草抜きもほどほどに済ませコーヒータイムとしました。(10名参加)